2007年03月12日

微笑みの国タイランド


タイは続くよ、どこまでも…:
タイに仏はいるのか…?タイ語の案件に憔悴。

週末仕事:
土日とも出勤。カポエイラはしたが、その前後にしっかり仕事。音楽かけて、たまに地下街のスタバにコーヒーを買いに行き、たまに文字通り波に乗る自分の姿を想像しながら…。あ〜ん、好きな人とゆっくりコーヒーが飲みたい!

今日の一本: Blue Crush(2002)
posted by R-73 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

Use Your Chakras


午後の暖かい日差しの中で横断歩道の向こう側から手を振られるのって幸せ。土曜日の事。

今日の憂慮すべき点: 2日後に来た筋肉痛
posted by R-73 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

解脱とカポエイラ


ビバ!タイ語:
ここ数日、仕事の関係でタイ語と睨めっこしている。タイ語、摩訶不思議言語。眺めているだけで涅槃に入りたくなる。随所に散りばめられた有難いアラビア数字を手がかりに訳漏れがないかチェックするのだが、どうもタイ語で書かれている数字もあるらしくトリッキーな作業に「虚」を感じて出家を考えている…。それを察してか、隣の机のMs.Tはお香をたいてくれている。余談だが、タイでは仏暦(←click here)を使っている。西暦に換算するには543年を足せばよい。2007年は仏暦で2550年。

カポエイラにおけるブレークスルーとその後の傾向と対策:
昨年暮の合同ホーダで何かが吹っ切れた…と思った。カポエイラにおける個人的なブレークスルー。ただ楽しむ事だけに集中したら、体は羽のように軽く感じるし、動ける。何なんだろう、この感覚。新境地が開けたよ。A whole new worldだよ。“アッホ〜ニュ〜ワ〜 アッニュ〜ファンタスティックポイントヴュ〜”って頭の中でずーっと流れてた。そう、"No one to tell me no〜!"って感じ。それから期待してジョゴ(ホーダも)に臨むが、残念ながらあの日感じたような感覚にはなれてない。

ジョゴ(特にホーダにおける)って本当にその時の自分の精神状態に左右される。一緒にする相手にもよるのだろうけれど。物理的に自分の体を拘束しているものは何もないのに、何かに縛られているように動けない時がある。不思議。肉体と精神のバランスが取れてこそ"joga bonito"できるんだろうな、と考える今日この頃。そして自分に自信を持つ事。先日カポエイラ関係の人に「自分を卑下しすぎ」というような意味の事を言われた。「自分に厳しくしているだけ」と反論したかったが、よく考えると「厳しくしているだけ」と思っていたが、いつの間にか自分への評価を必要以上に下げて「自分を卑下する」事になっていたのかも…。過剰にならない程度に、自分に自信を持つ事は必要と実感。目指すは、playfulでgracefulな動き。

今日の尋ね人: 神出鬼没なあなた!近況を…。
posted by R-73 at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

ひきこもごも


19時過ぎのぼやき:
18:00。「さぁ、帰ろう!」と思ったけどグタグタしてたら、ドアをノックする音。開けたら隣のフランス人。「俺のf**ked upな人生」についてのお話を聞いている内に時間は過ぎる。「ゲロッ、帰りたいんだけど…」と思ってる内に電話をし始める。あの〜、もう19時なんだけど。チョコレートあげるから帰ってもらえないかしらん?あなたのLa vie en roseを祈るけど…。

今日の祈り: 彼の明るい未来と早急な退散

posted by R-73 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

残高あれこれ


残高3,000円:
ATMでお金を下ろした後の残高、3,000円ですって。給料日まで後何日?

残高$13.48:
かれこれ6年前にアメリカを発った時、すぐに戻ってこれるように願掛けのつもりで口座は閉めずにおいた。その時の残高は確か500ドル程あったはず。アメリカの銀行がそうなのかその銀行だけがそうなのか、一定額以上の残高がないと手数料で毎月3ドル引き落とされる仕組み。帰国してからは明細書が毎月実家に届いていた。そして私はその口座の事をすっかり忘れていた。先の里帰りで親に明細書を突き出された。残高13.48ドル。ゲロッ。そこで仕方ないので口座を閉める事にし、Bank of Americaに問い合わせのメールを出した。「そちらの銀行を使っていたが、日本に帰ってほぼ6年間使っていない。明細書が毎月送られてくるが、見ると残金13.48ドルなんていう悲しい状態。今の所アメリカに行く予定ないから口座を閉めたいんだけど、どうすれば?ぶっちゃけ、そのお金いらないし、面倒な手続きに時間取られたくないので放っておいちゃだめ?それともそうは問屋が卸さない?ヘルプ請う。」すると早速、Bank of AmericaのPeterさんからお返事が来ていた。

Dear ○○,

Thank you for your inquiry dated 1/22/07 regarding closing your accounts. We will be happy to assist you.

Closing all of your Bank of America accounts which have existing
balances requires a visit to a Bank of America banking center. If you are unable to visit a banking center, you can submit a request to close all accounts by mail.

In your request, please include the following:
- The account numbers you wish to close
- Your name
- Your current address
- A signature as it appears on your signature card. If the account is owned by more than one person, please be sure to have all account owners sign the letter requesting the closure.

As soon as your request is received, an official check for the closing balance will be mailed to you.

Please send your written request to the following address...

(超意訳)
はいはーい。お問い合わせありがとね。はりきってヘルプしちゃうよ〜。残高のある口座を閉めるにはねぇ、Bank of Americaに直接きてもらわないとダメなんだよねぇ。もし来れないんならさぁ、次の物を郵送してよ。(中略)届き次第、残高の小切手送っちゃうからねぇ。(中略)サンキュ。

ということで:
直接行けないので郵送で事を済ませる事にした。それにしても口座閉めるの簡単過ぎない?なんかオフィシャルIDとか、面倒くさい書類を送らないといけないのかと思ってた。思わず「簡単過ぎて怖いんですけど。いいのそんなんで?」ってメールを送っちゃった。まぁ、うまくいけば数ヶ月後には13.48ドルの小切手が届くはず。でも換金するのにそれ以上の手数料がかかってマイナスになるから意味なし。そんな可愛そうなカスタマーには、全世界で使えるクーポンとかを送って欲しい…。ダメ?

今日の一言: 
「異性間においては、ロマンチックで、感傷的な傾向のある貴方は魅力のある恋人であり、調和のとれた健全な家庭生活の主でありましょう。」(上司からもらった、毎年恒例の高嶋易断所の「8月15日に生まれた人」の抜粋。「家庭生活の主」って…。悲しいかな、肯けない。)



posted by R-73 at 23:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

Mood Indigo


2007年明けましておめでとうございます:
いやー、明けましたね。それにしても明けて久しいですね。元日は実家で魚釣りをしました。釣果は、アジが15匹と鯛が2匹(悲しいかな、父はアジが5匹と鯛が3匹程)。あと的鯛っていう見たこともないおっとり顔でトサカの生えた「ブーッ、ブーッ」って言う鯛の仲間を釣り上げました。この珍しい「おなら」鯛は、桟橋で釣りをしていたラッキーな釣り人に差し上げました。助け合いの精神です。

2006年は慌しかったので:
2007年はスローペースで行きたいと思います。歩く速さもゆっくりね。去年は殺気だって歩いてましたからね。反対から歩いてくる人に正面衝突した事もありました。そしてあんまり新しい事に手を出さないようにしよーっと。とか言いながら、早速JEUGIAカルチャーセンターの「インドムービーダンス」や「マーシャルダンス」の時間を調べている私…。人はすぐには変われません。それにしても「インドムービーダンス」が気になります。いわゆる「ボリウッド映画」の中で踊られているようなダンスなんでしょうね。先生の写真が載っていましたが、大変気になる。ぜひ教えてもらいたい!アフリカンダンス熱も再燃です。インドとアフリカ、どちらも捨てがたい…。

Neiの誕生日:
ここで突然ですが、今週末ビデオ撮影予定のNei先生へのポルトガル語で歌う“バースデーソング”の歌詞を載せておきます。覚えてない方は必死で覚えてください。(注:マラカーィスのと微妙に違います)

Parabéns para você
Nesta data querida,
Muitas felicidades
Muitos anos de vida.

アンゴラWSにて:
1月7日に中央体育館にてGCAPの柴田さんを迎えてアンゴラWSがありました。昨年と同様今年も一人ずつ歌わされるだろうという事で、事前に心の準備と歌の準備。しかし、アンゴラで歌っても良いと言われひっそり決めていた歌を順番がまわってくるまでに約2名に歌われたため、急遽歌を変える事に。その歌をアンゴラで歌ってよいものかどうか見当も付かなかったのですが、アグレッシブな歌詞じゃないし良いだろうと判断。歌い始めると何だか微妙な空気が…。マラの方を見ると困ったような顔。アンゴラでは歌わない歌だった模様…。クスン。その歌の歌詞。

A hora e essa

A hora e essa, a hora e essa
A hora e essa, a hora e essa

Berimbau tocou, na capoeira
Berimbau tocou, eu vou jogar

Berimbau tocou, na capoeira
Berimbau tocou, eu vou jogar

2007年になって買った本:
2007年最初に読んだ本は、姜尚中の「在日」。それと一緒に買った本は司馬遼太郎の「花神」上・中・下。里帰りすると愛郷心が沸くのです。先週末は「バンコク下町暮らし」(下川裕治著)を読んで、アジアの南国の「いいかげんなスローライフ」に想いを馳せました。

2007年になって買ったCD:
アンゴラWSで買ったメストレモライスのCD。アンゴラの歌に少しでも慣れ親しむように。デジに薦められて買ったMamady Keita。素晴らしい。今までこの人のこと知りませんでした(お恥ずかしい)。このCDのせいでアフリカンダンス熱がぶり返したのね。そしてNina Simone。最近のお風呂の定番。

今日のNina Simone: Little Girl Blue







posted by R-73 at 15:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

Truth or Consequences


揺れる年末:
2006年もあとわずか。揺れる毎日に「なぜ?」の嵐。ブログもおちおちアップできない…。ふっー。へへへ。

先週の日曜日:
うん?「先週の日曜日」って10日のつもりで書いたけど、これって「今週の日曜日」というべきなの?1週間っていつから始まるの?カレンダーでは日曜日が一番にきてるね〜。今だに分からん。

おっと、そうだった:
所でその先週だか今週だかの日曜日に母から電話があった。その日は祖父の誕生日で、これが最後の誕生日になるかもしれないから皆で祝って欲しい、という結構後ろ向きな祖父のリクエストに応え、家族一同部屋を飾りつけし皆で祝っているのだという。「じいちゃんは電話で話せんけん。携帯にお祝いのメールを送ってあげて。」という母の頼みでメールを送った。「じいちゃん、誕生日おめでとう!来年も再来年も元気に誕生日を迎えて皆に祝ってもらって下さい。この一年が素晴らしい一年になりますように!」と。ふっと頭に「最後の晩餐」みたいな絵が浮かんだ。祖父は毎年自分の誕生日に自分でケーキを買ってくる。私は誕生日はどうでもいい方だけど、自分の誕生日を大切にする祖父は可愛いなと思った。誕生日会の感想を聞くと「わしは日本一の幸せ者」と愛用のマグネットボードに書いたそうな。良かったね。長生きしておくれ。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ:
母からその電話があった時、ちょうど「ザ・ロイヤルテネンバウムズ」のDVDを観ていたのだけれど、そんなリクエストをする祖父の姿と映画のジーン・ハックマン演じるロイヤルの姿がダブってクスッと笑えた。ふふふ。

マーゴ・テネンバウム:
↑の劇中、グウィネス・パルトローが演じるのがマーゴ・テネンバウム。彼女はテネンバウム家に養子として引き取られた。何を隠そうこのマーゴこそ「私のなりたいクールな女性像」を体現しているのだ。以前のエントリーで「タバコを吸いながら本を読み云々」と書いたが、彼女のイメージがまさにそう。素敵、マーゴ。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年:アメリカ)↓

royal.jpeg

今日の映画: 40歳の童貞男(←click!)
posted by R-73 at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

nanoの壁


誰にでも…:
超えられない壁はあるわけで…。それが私の場合“nanoの壁”だったりする。大きさはnanoだけど、問題はmacro。そう、とうとう買った。

というより:
iTunesの使い方が分からない。CDから曲をインポートしたんだけど、勝手に「90年代ミュージック」なんていうとてもかっこ悪い名前のプレイリストに入れられた。名前を変更したり、そのかっこ悪いホルダーごと削除してしまいたいんだけど、その仕方が分からず…。というか、そもそもなんでそんなかっこ悪い名前のホルダーがあるの?!○スト電器の人が「誰でも使えるように作られているからiPodは売れる」とほざいて(失礼)いたが、そんな言葉は重石を付けられて大西洋の真ん中に沈めばよい。まぁまぁ、バイオレントになる自分をお風呂で静めて今日は安らかに寝たいんだけど、nanoさんはまだ充電中…。

今日の決意: 壁を越える。
posted by R-73 at 02:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

It's not going to stop...


あれから…:
はい、コンプーター来たよ。今使ってます。でも、要らない機能が満載。しかもほぼ5分ごとになんかポップアップウィンドウが飛び出して、この情報はいるか、これに協力するかとか聞いてくる。その情報は要らないし、それにも協力しないよ。うるさいっつーの!

ボランティア講座:
講座が始まってもう2ヶ月になろうとしてる。これが結構きつい。むむむ…。思っていたより…。でもそれは他の人も思っているはず。特に仕事を持っている人は。講義ごとにレポート提出をしなくちゃならないんだけど、これが大変なんだよ。いい加減なものは書きたくないので、ひとつのレポートにかなりの時間を使う。実際に書くのは集中して短時間で書くけど、それまでに考えをまとめるのがすごくエネルギーがいる。だって、講義って大体3時間だよ。その3時間って本当に密な時間。そこで学んだ事に対する自分の考えを流れ作業みたいに機械的にまとめて書けないよ。という事で、最初の2講義のレポートしか提出していない私。でも聞くと一回もレポートを提出してない人も相当数。とうとう先日ギブアップ宣言した人もいた。こうなったら本当にサバイバルゲームのよう。なんとか持ちこたえられますように。

近くて遠い:
今日は仕事帰りにiPOD Nanoを買おうと思っていたのが、家に持ち帰ったのはCD2枚。映画Magnoliaのサントラと最近出たっぽいoasisのベスト盤。Magnoliaのサントラ、何でいままで買わなかったんだろう。Aimee Mann最高。歌詞は決してupliftingじゃないけど。oasisは昔のoasisしか知らないんだけど、大好きなSlide AwayとLive Foreverが入っていたので満足。

映画3本:
最近観た映画で印象に残っている3本。「白いカラス」「モンスター」「サムサッカー」。特に最初の2本は別エントリーで詳しく書きたいと思ってる。すごく良かった。

なんだか…:
考えがまとまらないのでAimee Mannを一曲。すごくシニカルで気分にぴったり。自分に対する戒めのようにも聞こえる。

It's not what you thought
When you first began it
You got what you want
Now you can hardly stand it, though
By now you know
It's not going to stop
It's not going to stop
It's not going to stop

'Til you wise up...

今日の一言: そう、「止まらない」のです。「賢くなるまで」…。
posted by R-73 at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

祝!コンプーター購入


コンプーター:
一週間前、いそいそとデッドライン前にレポートを書いていたら、私の愛するcompaqが不具合を起こした。その後、再起動するも“Windows is starting up.”の画面から動かない。何度も挑戦するも同じ事。13時半には家を出ないといけないのに、そしてその前にレポートを別ブログにアップしたいのに!このまま動かなかったら土曜日に早起きして書いたレポートも永久に失われてしまう…。そんな事態は絶対に避けたい!13時、祈るような気持ちでPCを再起動。動いた。何事も無かったかのように「ふっふ〜ん!」と。めちゃんこ焦ってレポートを完成。13時32分、無事アップした。その後走って家を出た。

その時…:
決心した。新しいラップトップを買おう!今のは前の彼に貰った物で、もう8才くらい。今まで何度もお陀仏して、その度によく分からない理由で蘇っていた。死ぬ度にこっちの心臓も縮み上がった。ストレス倍増。もうこんな思いはしたくない。という事で、その日早速下見に。

そして…:
こんなの買いましてん。↓(VAIO Type S プレミアムバージョン)

vaio-types.jpeg

でも…:
古いcompaqはまだ使うわよ。パワーポイントで作業する時はcompaqを使わないと。ケチったのでVAIOにはパワーポイントを入れなかったから。当分二重生活。でもストレス軽減のために買ったのに、パワーポイントの作業中にまたcompaqが不具合起こしたら意味ないんじゃ…。

今日のカポエイラ: 久し振りです。やっぱり良い!
posted by R-73 at 19:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。