2009年03月24日

子供と大人とその間


"Paddy Clark Ha Ha Ha"(Roddy Doyle著)は、先月カナダに行った時友達にもらった本。1960年代、アイルランドの小さな町に住む10歳の男の子の日常をその子の視点と言葉で書いたもの。特にこれといったプロットなし。主人公のPaddyが悪がきんちょ仲間といたずらに明け暮れる日々を時系列やらなにやら無視して、思いついたままに細切れエピソードで綴っていく感じ。でも、そんな同じように繰り返す毎日の中でも、彼が住むBarrytownの風景と同じように、彼もその周りも日々変化し成長していく。

この本はそんな子供の日常を面白おかしく描いただけでの本ではなくて、主人公の男の子のちょっと悲しい成長の物語でもあるわけ。中盤あたりから彼の両親の間になにやら不穏な空気が流れているのが、彼の視点を通して伝わってくる。階下でバタンと乱暴に閉められる扉の音や、リビングから漏れ聞こえる口論。10歳の彼は彼なりに理解しようとする。以下抜粋。

"Why didn't Da like Ma? She liked him; it was him that didn't like her. What was wrong with her? Nothing. She was lovely looking, thought it was hard to tell for sure. She made lovely dinners."

"There must have been a reason why he hated Ma. There must have been something wrong with her, at least one thing. I couldn't see it. I wanted to. I wanted to understand. I wanted to be on both sides. He was my Da."

読みながら胸がキュッとなる。結局お父さんは去っていく。大人の事情は分かんないし、この離婚(なのか別居なのか)によって彼の世界も大きく変わるが、Paddyは彼なりに折り合いをつけて前に進んでいく。切ないが逞しい子供のお話。

"Paddy Clark Ha Ha Ha" Roddy Doyle著 ↓

paddy.jpeg

“Paddy Clark Ha Ha Ha”とは一転。先日ジュンク堂で買った本。

“My Mistress’s Sparrow is Dead: Great Love Stories, from Chekhov to Munro” Jeffrey Eugenides編集 ↓

Mymistress.jpeg

Jeffrey Eugenidesの名前につられて手に取ったが、彼の著書ではなく彼が厳選したラブストーリー集。チェーホフ、フォークナー、ナバコフなんかの短編が収められている。チェーホフの“The Lady with the Dog(邦題:犬を連れた奥さん)”は初めて読んだが、十代や二十代で読んだとしたら絶対に「つまらない」で終わっていたと思う。理解できなかったはず。もちろん、今の私も話の時代設定や登場人物の社会的地位とはまるで無関係だけれど、話全体に流れる微妙な雰囲気や登場人物の感情の機微、二人の気持ちだけではどうにもならない事情みたいなのが分かる気がするし、それを味わう事ができる。年の功とやら?ところで邦題の「犬を連れた奥さん」はどうにかならないものなの?ネットで検索すると「子犬を連れた貴婦人」というのもあったが、そっちの方が良い。断然ね。

所で、このJeffrey Eugenides。ソフィア・コッポラが監督した映画“The Virgin Suicides(邦題:ヴァージン・スーサイズ)”の基になった本の“The Virgin Suicides(邦題:ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹)”を書いた人。その後に出た“Middlesex”もすごく良かったんだなぁ、これが。この人の本は注目している。

その映画のサウンドトラックに入っているAirの“Playground Love”がこれまた良い。気だるくて、十代の頃の危うい空気が漂う。映画の中でキルスティン・ダンスト演じるラックスの雰囲気にすごく合う。

"Playground Love" by Air ↓

playground.jpeg

今日の一曲: "We just won't be defeated" by The Go! Team
無条件に元気になれる曲。
posted by R-73 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

イケない事


今日、貧乏に更に拍車がかかる。キャッチーなタイトルとキャッチーな表紙のこの本。買わずにいられようか?

「セックスと科学のイケない関係」メアリー・ローチ著↓

sex&science.jpg

英語の原題は"Bonk: The Curious Coupling of Science and Sex"。うまいタイトル。

数ページしか読んでいないのでなんとも言えないが、セックスを科学的に検証するというより、セックスが学問としてどのように研究されてきたのか、そしてその過程で研究者はどのような偏見を受けてきたのかが面白く書かれている…っぽい。

ところで、オリバー・サックスのエッセイが読みたくてジュンク堂に聞いたところ、イギリス文学のセクションにショボンと置かれていた。なぜ彼の本が文学に分類されているのだろう?謎だ。

今日齊藤さんに勧められた本:「一日一生」酒井雄哉著



posted by R-73 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

これは必然


今月はとても貧乏。月の半分もいっていないが、口座はマイナスであろう事は容易に予想がつくので、泣く泣く秘密の場所からお金を引き出して凌いでいる。

今日、会社を出た時点で財布には2,900円程度しかない事を確認。それくらいかそれ以下しか財布には入っていないのが常だが、今月は大貧乏なので「本当にそれくらいしかないからそれでなんとか数日持たせろ」という意味合いをここで汲み取らなければならない。だけど、お金が限られている時であればあるほど、あるだけのお金で何が買えるかついつい計算してしまう。今日は本が買いたかった。でも一応予算を考えて文庫本を狙っていた。場所は地下街のサンマルクカフェの横の本屋。この本屋(名前が分かんない)、小さいけれどある魔の一角があり、そこで「これだ!」という本にめぐりあう事が多い。テンプル・グランディンの「動物感覚」を見つけたのもこの一角。ここに来たら、必ずその一角をチェックする。今日もチェックしてしまったが最後、ある本の背表紙に「自閉症の少年詩人と探る脳のふしぎな世界」という言葉を見つけてしまった。しまった。でも見ちゃった。恐る恐る手に取り値段をチェック。本体2,200円+税。ここで自分のほとんどない算数能力を総動員。「お財布には2,900円。本は2,300円程度、明日の朝地下鉄に乗るのに200円必要です。では、今日の夕食の買い物にいくら使えるでしょう?」答えは400円。たぶん大丈夫。隣の席のTさんにもらったお蕎麦もあるし。というわけで買った本。

「ぼくは考える木−自閉症の少年詩人と探る脳のふしぎな世界」
ポーシャ・アイバーセン著 ↓

bokuha.jpg

なかなかに面白い本。自閉症の息子を抱えるアメリカ人夫婦のその決意と行動力に驚く。今の自分の状況(全く違うが)についても色々と示唆されているようで、必然の買い物だったと納得してみる。

今日の一言: 「人はパンのみに生きるにあらず」
posted by R-73 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

帰り道

近頃は歩いて帰る。節約も兼ねる。お濠に映る色々を見ながら。iPodを聴きながら。雨ニモマケズ、風ニモマケズ。

2週間ほど前の帰り道、Big Issueを購入。一昨年からちょくちょく購入している、このブログでも以前登場したおじさんだが、最初の頃とは見違える程変わった。こざっぱりとした身なり、自信に満ち溢れた話し方。雑誌の売れ行きを尋ねると悪くないお答え。そして、自分の仕事の流儀を誇らしげに語ってくれた。これぞプロフェッショナル。なんという変化。バックナンバーを求めたら、「あっ、エンヤが表紙のやつね」って!すごい、すごいじゃないかっ!自分の商品をきちんと把握し、客の信頼を確実に得るそのスムーズな受け答え。そして、おじさんの口からするすると「エンヤ」という言葉が出てくる不思議。

この方が今、自立・自活に向けてどの段階に立っているのか分からないけれど、必ずや大丈夫という気がした。

今日購入のBig Issue表紙: アメリカ大統領バラク・オバマ
posted by R-73 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。