2009年02月26日

胸に痛いことば


近頃、Lykke Liのアルバム"Youth Novels"をiPodで聞いているわけです。どの曲も好きだけど、Hanging Highがこのごろよろしい。Twin PeaksでおなじみのJulee Cruiseが歌うAngelo Badalamentiの楽曲に似てる。フローティングミュージックっていうジャンルがあるのかどうか知らないが、空気をたゆたう感じ。

"Hanging High" by Lykke Li

Oh thunder in my heart
These razors cutting sharp
And leaves me with an ever bleeding scar
So soft, so suddenly
So that I can not breathe
I'm drawn into a circle painted black

Oh I'm hanging high
Oh won't you let me down
Back where I started at
You know I'm a little lost

And when it hurts the most
I'll push a little more
I'm back where I started at
You know I'm a little lost

この歌詞がドンピシャな感じで切なくて胸が痛くなる。でも、同時に心が癒されもする。

今日の一句: 謙遜は栄誉に先立つ。(箴言15章33節)
posted by R-73 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

Questions to be answered

It takes me a lot of courage and energy to ask all those questions, so I procrastinate...

ねぇ、ドラえもん?

Doraemon.JPG

ガム、いる?

gums.JPG

今日の一冊: The Kite Runner by Khaled Hosseini



posted by R-73 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ちょっくら行ってきた


カナダに行っておりました。2月7日から14日まで1週間。行き先はエドモントン。5,6年振りかな?前回も12月から1月にかけて氷点下の中行ってきたんだけど、今回も氷点下。なぜ?別にスノボーとかが目的じゃないんだけどさ…。タイミングっていうやつね。

さて、エドモントンはアルバータ州の州都。北米の州都と言われる都市にありがちだけど、何もなくてつまらない。しかも、広大な土地を持て余しているカナダにあるだけあって、全てが分散・拡散・離散している。よって、何処に行くにも車が必要。ダウンタウンは閑散として歩く気分じゃないし。というか、歩いてると凍死するし。

何もする事がなさ過ぎたので、中3日はバンクーバーに行ってきた。バンクーバーでは、家探し(私のではなく)をするためレンタカーして、リッチモンドでコンドミニアムを数軒見学。2日目の夜は、ダウンタウンのCommodore BallroomにてLykke Liのライブに行った(寒い中、2時間ほど並んでチケットゲット)。

12日の夜、エドモントンに帰る。次の日は、Capoeira Academy Edmonton(←click here)にてカポエイラをした。同伴者はカポエイラ初体験。感想は「こんなの全然マーシャルアーツじゃない」と、カポエイラはお気に召さなかった模様。だが、アタバキには興味を持っていた。

最後の夜は近くの映画館でSlumdog Millionaireを鑑賞。不覚にも泣いてしまった。

Lykke Li

lykkeli.jpeg

Slumdog Millionaire

slumdog.jpeg

最終日はマイナス20度。空港に着いて車を降りたら鼻の中がピリピリした。

今日の音楽: Tonight by Lykke Li

posted by R-73 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。